葉酸はどのくらい摂取するのが理想的?

妊娠期に必要な葉酸

葉酸は妊娠を望んでる方や、出産の経験がある方にとっては身近な栄養素ですが、それ以外の方にはあまり馴染みがないかもしれません。

葉酸という名の通り、葉物野菜に含まれている水溶性のビタミンです。緑黄色野菜やレバーにも多く含まれています。赤血球を作り出すのに大きな役割を果たしていて、不足してしまうと貧血になることもあります。

日常的にも必要ですが、妊娠中は普段の倍必要であると言われています。また、体内で蓄積されにくい栄養素なので、毎日摂取することが望まれます。葉酸は赤ちゃんの先天性の異常や奇形を予防してくれる働きがあり、妊娠を望む時期から妊娠中、特に妊娠超初期にきちんと摂取することが厚生省からも呼びかけられています。

それならば野菜を食べていれば大丈夫、と簡単に考えてしまいがちです。しかし、葉酸は熱に弱く、調理をすることで効果は半分になってしまいます。また、妊娠初期と言えば、多くの方がつわりで苦しむ時期です。症状は人によって異なりますが、ひどい人は、今まで食べていたものを身体が受け付けなくなったり、水を飲んだだけで吐いてしまうということもあります。

そんな中で、葉酸を摂るのはなかなか難しいことです。そんな時はサプリメントで葉酸を摂りましょう。錠剤のものや、ドリンクタイプのものもあります。とくにつわりの時は空腹を感じると吐き気がひどくなったりするので、長い時間口に含んでいられる葉酸キャンディーがオススメです。