葉酸はどのくらい摂取するのが理想的?

天然葉酸は効果がないの?

葉酸は赤ちゃんを希望する女性にとって欠かすことができないものです。受精をすると、胎児の中枢神経ができ始めるのですが、そのときに葉酸が必要となるため、妊娠をする1,2か月前からとることが大切です。

葉酸は、食べ物からとることができる自然葉酸のポリグルタミン酸型と、工業的につくられるプテロイルモノグルタミン酸型のものがあります。天然葉酸と合成葉酸、どちらが効果があると思いますか?厚生労働省の発表によると、食品に含まれている天然葉酸は、理論的には効果があると予測されるが、今の段階では証拠を得ることができていないとされています。よって、食事から天然葉酸をとることと合わせて、サプリメントで摂取することが大切です。

どのくらいの量が必要なのかというと、妊娠前から妊娠3か月くらいまでは1日400マイクログラムです。この割合は、食事からが240マイクログラム、サプリメントからは400マイクログラムです。妊娠中期・後期になると、摂取する葉酸の量が少し減り、240マイクログラムずつで、合計480マイクログラムを目安にすると良いでしょう。

葉酸サプリメントは、様々なメーカーから販売されているのですが、妊娠中におすすめなのは、いかに飲みやすいかどうかということです。粒の大きさが大きすぎず、ニオイもあまりないもので、味がおいしいものだと最高です。また、妊娠中は鉄分不足となりやすいため、葉酸に加えて鉄分も補給できるサプリメントがベストです。