葉酸はどのくらい摂取するのが理想的?

葉酸の摂取はおなかの赤ちゃんにいい理由

妊娠したら、おなかの赤ちゃんのために『葉酸』を意識的に取ってください。市販のサプリメントでも結構ですよ、そのようにアドバイスする産婦人科医はとても多いものです。葉酸が赤ちゃんを望んでいる「妊活」中の女性や妊娠中の女性には大切な栄養素ということは知っていても、なぜ赤ちゃんのために葉酸を摂取する必要があるのかまでを理解している人は意外と少ないかもしれません。

葉酸は胎児の成長にとって非常に大切な脳や脊髄の形成には欠かせない栄養素です。胎児の細胞分裂や、それに伴う新陳代謝のスピードを正常に行うためには葉酸が充分な量が母体から供給されなくてはならないのです。

妊娠初期の3ヵ月くらいまでの期間に、胎児の脳や脊髄といった重要な部分が形成されます。この大切な妊娠初期に充分な量の葉酸が供給されないと神経管欠損という先天性異常のリスクが生じます。特に妊娠初期には1日に240マイクログラムの葉酸を摂取することが推奨されています。

葉酸摂取は、妊娠初期だけではなく、妊娠の2、3ヵ月前からの摂取が望ましいとされています。また、産後の授乳中も必要な栄養素です。

葉酸は、通常の食事でも多少の摂取がされていますが現在の食生活には不足しがちな栄養素ともいわれています。お腹の赤ちゃんの健やかな成長のためには、良質の葉酸サプリメントを意識的に取っていくことをおススメします。

また、妊娠を計画している人ならば、男性も女性も一緒に葉酸サプリを摂取するほうが赤ちゃんを授かりやすくなるともいわれています。もともと人間には必要な栄養素のひとつですから、夫婦で一緒にサプリメントを摂ってみてはいかがでしょうか。